Loading...
Loading...

What is Sonic Code®?

Cross Platform SDK
すべてのモバイルOSの互換様々なデバイスとブラウザのサポート
Speaker & Microphone Only
既存のインフラのまま使用
Cost Effective
低ランニングコスト専用のハードウェアが不要
Sonic Code®
SonicCode®は非可聴音波信号を利用した近距離無線通信技術です。
Fast
recognition speed
Simple Integration
既存のシステムとの統合が容易開発者ガイドおよび技術サポート
High Security
暗号化されたサウンドパターンデータトークン化
Independent
外部ネットワーク接続が不要顧客の内部システムで動作

Competitive Advantages

Fast

認識率:0.04秒
SonicCode®の認識モジュールには、ディープラーニングアルゴリズムと、マルチフィルタは、複数の信号解析ロジックが適用され、認識率が非常に高速です。

* NFC認識率:0.1秒

Accuracy

エラー検出率:99.999994%
SonicCode®は、CRC-24エラー検出アルゴリズムが適用された唯一の音波通信技術です。

* NFCエラー検出率:99.998%

Innovative

ユーザーの行動最小化
特許取得済みのUXの機能でユーザーの行動を最小限に抑え、アプリのプロセスをスピードアップすることができます。

Partners

Use Case

Technical FAQ

SonicCode®は本当に聞こえないでしょうか

一般的に、人間は20Hz〜20KHzの間を聞くことができ、犬の場合は、21.1KHzまでを聞くことができると言われています。ほとんどの大人はSonicCode®の周波数領域台を認知することができませんが、子供、ペットと聴力が非常に敏感な人の場合、かすかに感じることがあります。

SonicCode®は人間や動物に有害でないですか?

私たちのユーザーの健康は、常に最も重要な考慮事項です。日本のヤマハ(YAMAHA)が昭和医大と共同研究した論文によると、20KHz以下の音波は、人間と動物には無害であると記載されています。インフォソニックは、競合他社に比べて弱いエネルギーで30cm内外の短い距離のみを送信するようにSonicCode®を設計し、販売時に提供されている文書を通じて顧客者に低いボリュームで短い時間の間に使用するように勧告しています。

SonicCode®に適用された技術は信頼できますか?

SonicCode®に使用された技術やアルゴリズムの中、完全に新しいものではありません。 「離散構造」、「情報理論」、「デジタル信号処理」、「人工知能」など、すでに十分に検証されたものです。私たちは、既存の理論と技術を組み合わせて、必要な製品を作り出すために、長い間努力しました。現在のSonicCode®は、私たちが設計し、製作してテストする過程を繰り返しながら継続的に改善してきた結果です。

近くにある他のデバイスが先に認識される場合、どうなりますか?

音波信号は、ブロードキャストの性格を持つので有効距離内にあるすべてのデバイスで受信が可能です。有効距離にある2つの同一の認識モジュール搭載デバイスが同時にアプリを駆動させ、受信する場合には、望ましくないデバイスで先に認識されている状況も発生する可能性があります。このような状況を望んでいない顧客に私達は次の2つの点を勧告します。

第一、SonicCode®は必ずトランザクション要求データの1回限りのトークンキーとして使用すること。
第二に、送信装置の音量を調節して使用距離を十分に短く調整する。

非常にノイズの多い環境でも認識に問題はないでしょうか?

一般的に、うるさいという意味では可聴周波数領域のエネルギーが強い状況を指します。この周波数領域代SonicCode®の周波数領域とかなり離れていて、周波数の干渉の問題がほとんど起こりません。そのためSonicCode®を認識するのに問題はありません。日常的な騒音環境よりもむしろ高い周波数帯域で強いエネルギーの信号を継続的に送信し、特殊な状況で認識の問題があります。現在、日本には、夜間に食堂にネズミや猫などの有害鳥獣のアクセスを防ぐために20KHz以上の高周波信号を非常に強く出力する製品が使用されています。独自の調査した結果、その周波数帯域の高周波が40db以上に強く測定されるところでは、SonicCode®が認識されない現象が発見されました。人間は、高周波数帯域の強いエネルギーに短い時間さらされている場合でも、大きな不快感や吐き気などを感じます。SonicCode®が使用されている日常の環境で有害鳥獣駆除サービスの周波数干渉はほとんど発生しないといえるでしょう。

音波信号を利用した他のサービスと同じ空間にいるときに、正常にSonicCode®を認識できますか?

韓国スターバックスの店舗では、音波ビーコンサービスのサイレンオーダー(Siren Order)がサービス中です。高出力のスピーカーを介して同じ周波数領域台から非可聴音波信号が継続的に出てくる環境です。複数のスターバックスの店舗で合計1万回以上SonicCode®認識をテストしましたが、すべて正常に認識しました。

SonicCode®音波を録音して悪用される可能性はありませんか?

私たちは、SonicCode®を特定の要求に対する1回のトークンとして使用しています。また、SonicCode®が有効に処理される時間は、再生後の数秒内の短い時間で指定することをお勧めします。この勧告に従った正常な使用の場合録音をしても悪意の目的で使用することは非常に困難です。私たちの勧告に従わず、バーコードやQRコードを印刷して使用するように固定された値で使用する場合は、録音して悪用することができる場合があります。

QRコードと比べてSonicCode®が持つ長所は何ですか?

より安全です
QRコードは、生成と認識方法が完全に公開されて誰でも使用が可能であり、すべてのサービスが同じ原理の認識モジュールを使用します。この点を悪用して、ユーザーを偽サイトに誘導し、個人情報を奪取するキュシン(Q-shing)のようなセキュリティの脆弱性が存在します。 SonicCode®は生成と認識ロジックが公開されておらず、各顧客ごとに専用のコード帯域とその帯域だけを認識するための専用の認識モジュールを使用するため、QRコードよりも安全に使用することができます。

より便利です
QRは、カメラ機能をオンにして、QRコードのイメージをカメラのプレビュー画面を見ながらピント調節をするユーザーの行動が必要です。 SonicCode®は有効距離内で信号を自動的に認識して、別のユーザーの行動を必要としません。特にスマートフォン同士のデータを転送するのに使用環境では、画面の明るさや手ブレ、光の反射が認識を妨害するQRコードよりどんな状況でも、高速認識が可能なSonicCode®が使いやすいです。

より安いです
動的に生成されたQRコードを利用するためには、リーダーや生成されたQRコードを表示するための別途のディスプレイ装置が必要です。 SonicCode®が必要なデバイスは、唯一のスピーカーだけで、低価格イヤホンでも問題なく動作します。ディスプレイがない安価な機器でIoTを実装する必要がない状況であれば、QRに比べてスピーカーだけ装着すると、使用可能なSonicCode®がコスト面で有利です。

私たちは、SonicCode®がQRコードの代替技術というよりはQRコードの補完技術だと思います。 QRコードと一緒に使用が可能で、QRコードの使用が不便な環境では、優れた代替になると思います。

Contact Us

Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.

Call Us

+82-70-4006-4243

Email Us

contact@infosonic.net

Visit Us

ソウル麻浦区麻浦通り122(フロントワン12階)

Download Demo

Sonic Wallet
SonicCode®を直接体験してみたいか?アプリストアとGoogleプレイからダウンロードしてください。
Sonic Shop
デモサイトでSonicCode®を利用したログインと支払いを経験してみてください。
Sonic Shop - Demo Site Link